造作材・構造材

ハイブリッド集成材

集成材の新たな可能性(ハイブリッド集成材、試験開発)

木造建築、新時代へ

木質ハイブリッド集成材による、国土交通大臣認定で、集成材の可能性がさらに広がりました。木質ハイブリッド集成材は、内部に鋼材を内蔵した集成材です。平成12年(2000年)の建築基準法改正により、今まで木造建築では制限されていた耐火建築物を可能とする法的枠組みがつくられて以降、耐火建築物を構成する部材として開発を進めてきました。

木質ハイブリッド集成材において、集成材は中の鋼材に対する耐火被覆の役割を担っており、鋼材の周囲の集成材は、火災によって一定のスピードで燃焼しますが、燃え尽きることはなく、ある段階になると耐火構造の条件である「燃えどまり」が起こることが実験で確認されています。

また、集成材部分は、耐火被覆として働くとともに、そのまま仕上げ材とすることもできるなど、鉄と木のハイブリッドは大きなメリットがあります。

大臣認定の種類

鋼材内蔵型の1時間耐火大臣認定には「柱」と「梁」があり、内蔵する鋼材の形状は「平鋼」 「角鋼」 「H鋼」の3種類があります。平鋼・角鋼の寸法は1種類に限定されていますが、H鋼は比較的広範囲の寸法まで大臣認定の取得をしています。樹種はカラマツとベイマツの2種があります。

日集協が取得している1時間耐火大臣認定概要一覧
 鋼材のサイズ集成材の種類集成材の外寸法
角鋼/65mm(限定)カラマツ・ベイマツ200 x 200mm
H鋼/125 x 125 ~ 400 x 400mmカラマツ・ベイマツ250 x 250~525 x 525mm
平鋼/22 x 300mm(限定)カラマツ・ベイマツ200 x 330mm
H鋼/150 x 75 ~ 600 x 200mmカラマツ・ベイマツ212.5 x 200~662.5 x 320mm

 

木質ハイブリッド集成材概要
木質ハイブリッド集成材Q&A
木質ハイブリッド集成材パンフレット

木質ハイブリッド集成材で可能となる建築物

hy01
TOP